整体・療術院の経営者 / 東洋医学を学びたい人の為の団体
  入会案内 〉 入会から療術師認定までの流れ




       クリックで表示

 手技療術指導協会 入会案内 《PDF》

書式はPDF形式です。見れない方はAdobeReaderをダウンロードして下さい。
                        AdobeReaderサイト ⇒  


入会案内

手技療術指導協会では、入会者を募集しております。

入会資格は東洋医学に興味がある方!
仕事にしている方をはじめ、勉強中の方・これから学びたい方どなたでも入会可能です。

入会金 30,000円
年会費 10,000円
     ※入会金は初年度のみとなります。

 
      手技療術指導協会 「療術師認定制度」 について  
      
   療術師認定証
 
  療術師認定制度を実施しています

 ・施術の安全性向上
 ・健全な施術院経営
 ・社会的地位の確立 
          を目的としています。
 
 希望者には入会時に 『療術師認定試験』
 実施いたします。

 ※「療術師認定試験」は希望者のみです。

   合格者には「療術師認定書」の発行と
   損害賠償責任保険の加入が可能と
   なります。
    
   (「療術師認定試験」合格者以外は、
        「登録証」のみの発行となります。)
 
        
  ー受験資格ー
 
 手技療術指導協会の
 会員で、
右記のいずれ
   かに該当する方
 1、認定スクールの卒業生
 2、国家資格を有する方
 3、療術の資格を有する方
     ※通信教育等の場合は不可とする
 4、手技療術指導協会の指導員の推薦がある方
 
  ー受験方法ー

 右記のいずれかの
 方法で受験が可能
 です
 1、認定スクールにて受験する
 2、セミナー会場にて受験する
 3、自宅で受験する(通信認定試験)
 
  ― 試験内容 ―  解剖生理学、病理学、東洋医学を中心に
 基礎的な内容

 通信認定試験の場合は
  @筆記試験
  A論文提出
   ◎論文のテーマ
   「私の療術(整体)の考え」「代替医療の発展」など

   ※論文の内容があいまいな場合は
            不合格または、再提出

    
 ◎決して難しい内容の試験ではございません。
  知識の確認と勉強のためで、落とす為の
ものでは
  ございませんのでご安心ください。
 
   ― 再受講―  ・試験、論文で不合格の場合、
     再受講が可能です

 ※入会後3ヶ月間に認定試験を合格しない場合は、
              再受講費5千円が掛かります



団体賠償責任保険について

 ※団体賠償責任保険への加入は任意です。

   ご入会を頂き「療術師認定試験」に合格した方は、手技療術指導協会
   賠償責任保険制度への加入が可能になります。
 
 ※詳細は、事務局までお問い合わせください。

入会から認定までの流れ

書類の
提出
理事会
の審査
入会・登録証
の発行
療術師
認定試験
認定書
の発行
保険の加入
(希望者)

入会規約
(お申し込み前にお読み下さい。)


    

 療術で仕事をしている方、しようとしている方は  
  知っておいてください。

  各ページに記載の記事・写真の無断転用を禁じます。すべての著作権は手技療術指導協会に帰属します
                         
Copyrights(c) 手技療術指導協会 Allrights reserved